オナ電をする前に準備しておく事

初めてのオナ電を楽しむために!

実際に体を合わせるセックスとは違った興奮の味わえるオナ電。
自分の中にある言葉だけでパートーを絶頂に導くという行為は今までにない快感を味わえます。
そんなオナ電を存分に楽しむため気をつけたい事を説明するので、ぜひ覚えて実践して下さい。

オナ電の前に用意したいもの

基本的には相手と話しをするための電話さえあればいいのですが、より楽しむためには他にも用意した方がいいものがあります。
通話中に盛り上がってから焦る事のないように、電話をする前に準備を整えておきましょう。

ティッシュ

相手が側にいない以上気持ちよくなるためには、話をしながらオナニーをする事になります。
射精しそうと感じてからティッシュを取りに行くのは寂しいものがあるので、忘れずに手の届く距離に置いておきましょう。
片手が電話、片手が性器により塞がっているので、先だって射精時の事は考えていないと悲惨な結果が待っています。

トーク内容を考えておく

触って盛り上げる事が出来ないので、パートナーを興奮させるためには話術が必要です。
せっかく盛り上がっても良いところで口ごもってしまう展開が続いてはテンションが下がってしまいかねません。
流れに任せて楽しむのもいいですが、どういったトークで盛り上げるかの方向性は考えておくといいでしょう。

  • ・パートナーの体を弄るようなこと
  • ・SやMなど相手のタイプに合わせ精神的に気持ちを煽るようなこと
  • ・状況を説明させて自分で盛り上がるように仕向ける

こういったパターンだけでも決めておくと、パートナーの発言に合わせて言葉をチョイスするだけで困る事がなくなります。
恋人ではなくネットなどで知り合ったばかりの女性が相手でも、性癖を探る手段になるのでパターンを用意しておいて損はありません。
見えない相手とのセックスではテンションを維持する事が大切です。

静かな環境は必須

ホテルを取る必要はないですが集中できる静かな環境はあった方がいいです。
途中で家族に話しかけられたりすると自分の気持ちが萎えるだけでなく、相手にも気を使わせる事になってしまいます。
オナ電も実際にセックスをするときと同じように、集中できる状況にいるときにした方がいいでしょう。

オナ電はパートナーを悦ばせることを第一に!

準備を終えていざオナ電をしようとなったら、他に必要なものは心構えだけです。
見えない相手を性的に悦ばせるのは大変であると同時に、イカせた後は今までにない達成感が待っています。
自分が先に射精して終わりとならないように、パートナーが気持ちよくなる事を優先するのが、最大限オナ電を楽しむためのコツです。